自宅でホワイトニングするのに今はそんなにお金かからないことに驚いた…。いつかはセラミック歯にしよっかな

毎朝、毎晩の口内ケアと変わらずに手間をかけずにステイン除去することがやれればこれに越したことはありません。ポリリン酸配合のステイン除去アイテムになるとそれが出来てしいます。ステインイレーサーという歯の黄ばみケアグッズを知っていますか?Amazonなどでも購入できるステインイレーサーはハミガキでは落ちないしつこい汚れを落としてくれます。仕組みはポリリン酸ナトリウム入りのステイン除去剤はこびりつく黄色や茶色、黒ずみなどを段々と化学的に落としていきながら、ステインの原因のリデポジションの予防もするので真っ白な歯の色を保つことができます。

歯の漂白は施術費用にそれなりの価格が掛かってきます。

さらに歯を理想の白さにするには過酸化水素などのクスリを使用することも忘れてはなりません。

かかりつけのデンタルクリニックでは簡単な歯の変色落としをしてくれる場所もありますが、強烈なステイン沈着はキレイに落ちるものでもなかったりします。カレー、ワイン、ビーフシチュー、チョコレート、紅茶、コーヒーなど色素が残る食べ物にはポリフェノールなどの植物成分含んでいるので、長年の食事で食べているといつの間にか歯の黄ばみの原因となっていることがあります。セラミッククラウンといって歯を削ってそれを土台にして被せる審美歯科によるホワイトニングははじめやすくなっていて質感などもセラミック以外にレジンやジルコニアとセラミックのハイブリッド素材やもっとハイエンドなのはeマックスというニケイ酸ガラスのセラミックを素材とした澄んだ歯の白さを実現できた新素材のセラミックも登場していてさらに、値段もジルコニアよりも安くつくれることでセラミックホワイトニングは以前よりもユーザーが多くなっています。

ステイン除去はみだしなみとしても当たり前になりつつあります。むしろ、髪型やお洋服を気にしてどれだけ着飾ったとしてもステインがこびりついた歯は台無しになってしまいます。

電動歯磨きを使うときには市販の歯磨き粉を使うよりも電動ハブラシ専用のホワイトニングハミガキを利用するほうが汚れの付着原因となるキズを付けないようにホワイトニングケアできます。クリニックで利用されるポリアスパラギン酸が入っている歯の黄ばみや変色を落とす商品が増えてきていてモデルさんなんかも紹介しているひとがいたことでいままでのステインクリーンよりもポリリン酸系のステイン分解成分が女性を中心に売れているホワイトニングです。ポリリン酸は落ちにくい長年の黄ばみやステインを分解除去することから研磨剤が入っている歯磨き粉ではなく分子レベルで汚れを浮きあがらせて落します。セラミックやラミネートは一瞬にして歯を白くすることができます。

ですが、トーンをやりすぎてしまうと肌から浮いたようなあっていない歯の白さはまさに違和感のある印象を持ってしまいます。

近頃、10代20代の間でも密かに流行っている簡易ホワイトニングサロンなども街中の小さなスペースにできていますが、これらはクリニックとは異なりブリーチングではなくポリリン酸ナトリウム自ら施術をするのがセルフ式の気軽さとなっています。

ポリリン酸ナトリウム系のホワイトニング剤は余計な手法を踏むこともないし、どこかに通うこともありません。

朝晩の歯磨きタイムを代替えすれば歯の白さをキープすることが可能です。一昔前のしつこいステイン汚れなど普段の歯磨き粉では除去できないような頑固な汚れを白くするには強い研磨ハミガキを購入するのがあたりまえのときも経験したことがあります。いまのステイン除去剤はただ歯を白くするだけのだけにとどまらずポリリン酸の入っている商品には歯槽膿漏、歯肉炎の予防、しかも、お口の中の細菌をおさえて口臭を防ぐこともしてくれるので総合的に口内ケアができてしまいます。

歯を白くする│市販で一番人気を探しているひとはご参考までに

歯を白くする今ハマっているホワイトニング剤の話し

 

 

中学高校時代自分の歯が黄色なのが嫌で色々と調べたことがある

当時はタバコの絵がイラストの研磨たっぷりの歯磨き粉が薬局で売っていて使ってみたが
歯磨きをしたあとの歯の表面はいっけんツルツルにはなるが、鏡でみるとく輝きはなくて曇ってしまっていた。

 

タバコのヤニ汚れなんかはエナメル質なのか歯の表面を削っているだけなので、何度も繰り返せば、歯に悪いのは当然で歯覚過敏になりそうだし、なにより歯の表面がザラザラしてきたのでやめた。

 

研磨剤が余計に入った歯磨き粉というのは表面を傷つけるので、とくに研磨剤の目が粗い場合には傷をつくってそこに汚れが侵入しやすくなったり、虫歯の原因などのトラブルもおきやすいらしいです。

 

しかも、なかなか落ちないステイン汚れなどは表面だけでなく時間が経過すると奥深くにまで着色の原因となり色素沈着がひどくなるので研磨系のホワイトニングは気をつけたほうが良いことを知った。

 

その後、重曹(ベーキングパウダー)で磨くと良いというウワサなどがあって、試してみるも味が恐ろしく悪いのでやめたほうがいいとおもった。

 

アルミで歯を包むなどもあるが気持ち悪くてあまりオススメできない。その他に失敗したのは歯のマニュキュアだ、爪と同じように歯の表面に文字通り白色のマニュキュアを塗るものだが歯を乾かした状態で塗っても、時間とともに唾液や口を瞑ることを繰り返すことでマニュキュアは剥がれ落ちやすい。

 

非常に見た目が悪いため歯の色が統一しておらず、汚い見た目となるので黄色いままのほうがまだよいくらいだ。

 

他にはトゥースイレーザーだがこれは歯の汚れを落とす歯のための消しゴムみたいなもので黄ばみや色素沈着、タバコのヤニ、茶しぶなどの汚れを落とすというものです。

 

しかし、落ちるのは落ちるが全体的に黄色の歯のひとには向かない、例えばタバコのヤニなんかにはホワイトニング専用研磨歯磨きよりも、ピンポイントで落とせるので使いやすいが消しゴムには研磨がついていることがほとんどで、エナメルを傷つけるのは同じである。

 

このように以前の歯のためのホワイトニング製品は市販ではイマイチのものばかりが多かった
その結果、やはり審美歯科などでちゃんとしたブリーチングをおこなうなどが望ましいのだろうと思った。

 

ところが、歯のブリーチングはいまだに高額であるため本格的には通えないのが現状。実際に敷居が高い気はしていたが、はじめはキャンペーンなどで安くてもずっと通うとなるとお金がかかるようになっている。

 

ブリーチングは自分の歯を白くするが、一度で真っ白になることはまずない。
しかし、先天性の歯の黄ばみにも繰り返すことで効果を発揮するとあって通ったが、確かに白くなりだしていたが、継続して通院するのは経済的にも精神的にも辛かった。

 

数年経過して現在、歯を白くする執着心は若いときほどではなくなっていたけれど、出張先でかぶせものが外れたのきっかけに行きつけの歯医者ではない歯医者へ行ったときのこと、簡易的な歯の汚れも一緒にとっていきますね!ということで冷たい液状の物を塗られて軽くブラッシングをしてくれた。

 

以前、以前最期に地元の歯医者でヤニ取りをしてくれたことがあるが、痛かったイメージがあったので、液をいっときつけて軽いブラッシングだけで普段の歯磨きと何が違うのだろうと思っていた。

 

そこで「さっき付けたの歯磨き粉と違うんですか?」と聞いたら専用のジェルですよということで詳しく聞くとポリリン酸ナトリウムというもので、落ちにくい汚れも分解してくれるのだとか…。

 

売っているのか聞いたら「市販されてるものも今はありますよ」と歯科助手?衛生士さん?どっちかわからないけど教えてくれたので調べてみると

 

ポリリン酸ナトリウム配合の商品はネットでも通販で売られていた。ここからは色々と使い比べてみて納得いくものにたどりついた。

 

ブリーチングほどではないのかと思いきや、使っているうちに白くなっていくのは確かである。ここからポリリン酸ナトリウムもしくはポリアスパラギン酸ナトリウム配合のホワイトニング剤はかかせないアイテムとなっていて奥さんや友人にもすすめている。

 
歯の漂白剤(ブリーチング)よりも簡単でシミないホワイトニング剤の通販